チーズドック

チーズドッグはコンビニやサービスエリアでも買える! ファミマ・ミニストップなど絶対リピしたくなる満足度とコスパ

チーズドッグはコンビニやサービスエリアでも買える! ファミマ・ミニストップなど絶対リピしたくなる満足度とコスパ

新大久保や原宿で女子高生を中心に人気の『チーズドッグ』、いまでも人気店には毎日のように行列ができています。とはいえ店が近くにないと気軽に食べに行けないですよね。ほかにどこで売っているの? もっと気軽に買える場所はないの? という方のためにチーズドッグを売っている場所を調べたところ、ファミマやローソン、ミニストップなどコンビニでも買えることが分かりました。気になる味は? 食感は? 価格は? コンビニチーズドッグをレポートします。

コンビニやサービスエリアでも買えるチーズドッグは韓国生まれのストリートフード

チーズドッグは韓国式ホットドッグのメニューの一つです。韓国ではホットドッグのことを『ハットグ』と言います。ハットグは昔から屋台で売られている人気のストリートフードですが、2016年になるとモッツァレラチーズを入れるなどしてアレンジした『チーズハットグ』が人気となり、専門店がどんどん増えていきました。

その人気は韓国国内に留まらず、やがて日本に上陸します。日本では主にチーズドッグの名前で親しまれ、まず新大久保で人気となり各地に広がっていきました。チーズドッグの見た目はアメリカンドッグそっくりですが、中はソーセージではなくチーズが入っているのが特徴です。

コンビニでも買えるチーズドッグ。ファミマやミニストップなどに売っていた!

チーズドッグはびよーんと伸ばしたチーズの写真がSNSで話題になっています。私もやってみたい、どこに売っているのか知りたいという方にチーズドッグを買える場所をご紹介します。

まずは日本一のコリアンタウンがある新大久保です。チーズドッグを日本に上陸させた『アリランホットドッグ』などの有名店の前にはいつも行列ができています。新大久保以外にも原宿、下北沢、上野などに出店しています。

とはいえ誰もが新大久保や原宿に足を運べるわけではありませんよね。遠くてなかなか行けない、忙しくて食べにいけないという方も多いでしょう。お店以外にどこで売っているの? 実はチーズドッグは『ローソン』と『ミニストップ』で売られています。ちなみに過去にはファミマでも売っていましたが既に販売を終了しています。

高速道路を利用する方はサービスエリアで購入できるかもしれません。一部のサービスエリアではチーズドッグを買うことができます。寄る機会があったらぜひ探してみてください。

コンビニ、ローソンのチーズドッグ

ローソンでは2019年9月24日からチーズドッグを販売しています。これまで専門店に行かないとなかなか食べることができなかったチーズドッグがローソンに行けば買える、チーズドッグ好きにとってこんなに嬉しいことはありませんよね♪

ローソンでチーズドッグは、レジ横のホットスナック売場で販売しています。価格は税込248円、コンビニで売られているホットスナックにしては高めですが、専門店よりは安くコスパは良いほうです。もちろんアツアツの状態で売られています。店員さんに告げると一つずつ紙に包んでくれるので、冷めないうちに付属のケチャップとマスタードをかけていただきましょう。

ローソンのチーズドッグは生地にダイスカットされたポテトをたっぷりまぶしています。見た目からしてボリュームがあり、食べ応えがあるので小腹満たしに最適です。ちなみにこのダイスポテトをまぶしたチーズドッグを『ポテトレーラ』と呼びます。

気になるのは中身、上のほうにはチーズがぎっしり詰まり、下のほうにはソーセージが入っています。アツアツならチーズがびよーんと伸びてつい写真に撮りたくなります♪ ポテトにはほんのり塩気があり、カリカリした食感がクセになります。中のチーズはとろーりとろけていてこちらの食感も良好です。ただし冷めるとチーズが伸びないので早めに食べましょう。内側の生地はほんのり甘く、ポテトの塩気と相性抜群、意外と油っぽくないのでペロッと食べられます♪ ローソンのチーズドッグは味も食感も満足度が高く、リピートしたくなること間違いなしです!

商品名 ファミマのチーズドッグ
価格(税込) 248円
エネルギー 328kcal
アレルギー情報 卵、乳製品、小麦
※その他「大豆・鶏肉」を含む

詳しい情報はこちら
https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1387432_1996.html

コンビニ(ミニストップ)のチーズハットグ

ミニストップでチーズドッグは、『チーズハットグ』という商品名で売られています。ローソンよりも4日早い2019年9月20日に販売が開始されました。価格は税込237円、ローソンのチーズドッグよりも11円ほど安く設定されています。

ミニストップのチーズハットグは、レジ横のケースに並んでいるのですぐに見つかります。販売開始当初は売り切れ続出で、在庫がないことがしょっちゅうでしたが、人気が落ち着いてきたいまは簡単に買えます。こちらもアツアツの状態で売られているので、購入したら早めにいただきましょう。『マスタード&トマト』が付属しています。

ミニストップのチーズハットグは表面の衣がザクザクしています。ダイスポテトをまぶしたローソンのチーズドッグとは違い、生地にパン粉をまぶして揚げたオーソドックスなチーズドッグという印象です。ミニストップが商品開発にあたって日本と本場・韓国のハットグ専門店を研究したところ、これが一番好まれるスタイルだという結論に至ったのだとか。ザクザクした衣の食感を好きな方におすすめです。

また生地にはもち粉を使っているのでとってもモチモチしていて、中はモチモチ、外はザクザクの二つの食感を楽しむことができます。食べ応えもたっぷりで1本で大満足のボリュームです。

気になる中身は先端にはモッツァレラチーズ、根元にはソーセージが入っています。こちらもアツアツの状態ならチーズが伸びるので、見た目でも楽しむことができます。2~3cm引っ張っても千切れません。豪快にびよーんと伸びる専門店のチーズドッグよりは伸び方が控えめですが、こちらのほうがチーズがこぼりにくく食べやすく感じます。購入時に店員さんにレンジで温めてもらうとよりおいしくいただけますよ♪

一方で気になるのがカロリーです。ローソンのチーズドッグよりもカロリーが高めなので、食べ過ぎには注意しましょう。

商品名 ミニストップのチーズハットグ
価格(税込) 237円
カロリー 360kcal
アレルギー情報 卵、乳製品、小麦
※その他「大豆・鶏肉・豚人」を含む

詳しい情報はこちら
https://www.ministop.co.jp/syohin/products/detail021916.html

チーズドッグを食べられるSA(サービスエリア)

チーズドッグは一部のサービスエリアで食べることができます。その一つが東北自動車道蓮田SA(上り線)です。このサービスエリアには『Pasar(パサール)蓮田』という施設があり、その中に出店している韓国料理専門店『韓美膳』がチーズドッグを提供しています。なおメニュー名は『チーズハットグ』です。価格は税込528円と、コンビニで売られているものよりは高めですが、本場・韓国の味を堪能できるので、近くを通ったらぜひ寄ってみましょう。

引用:GoogleMAP
店舗名  韓美膳
住  所 埼玉県蓮田市大字川島370番地
アクセス 東北自動車道岩槻インターから7.7km
営業時間 10:00-21:30

【まとめ】コンビニやサービスエリアで買えるチーズドッグ


チーズドッグを食べてみたいけど、新大久保や原宿まで行けないという方にコンビニで買えるチーズドッグをご紹介しました。気軽に買えてコスパ良く、味も食感も大満足のコンビニチーズドッグはリピートしたくなること間違いなし! コンビニ以外では一部のサービスエリアでチーズドッグを購入できます。

あわせて読みたい